良い財布へのこだわり

金運を上げる為にも長財布が欲しい

私は今も昔も財布と言えばコンパクトに収まる二つ折りの財布ばかり使ってきました。
ですが、占いとか風水的にはどうやら長財布の方が良いと言われていますね。

長財布は憧れるのですが、バッグの中で結構かさ張ってしまうんじゃないかと思って敬遠してきました。
でも、可愛いデザインの財布は長財布の方が多い気がするんですよね。

今使っている財布が傷んできたりしたら、今度こそは長財布に挑戦してみようと思っています。どうしても今までの二つ折り財布よりもかさ張るので同時にバッグを新調する必要が出てくるかと思いますが。
長財布でもスリムに収まるデザインの物を選べばそこまでじゃないかなぁと思っています。

財布を選ぶ上でデザインや形も大事ですが、後は色も大事ですよね。
風水的には赤や青は避けた方が良いと言われていますが、本当に気に入ったお色の物だったら別に使っても問題無いかなぁと思います。インスピレーションで選びたいですね。

大人である事を自覚しながら長財布を持ちましょう

持っているだけで落ち着いた印象を演出できる。――それが長財布というアイテムです。

お札や小銭をスッと出せる点もスマート。
ある程度の年齢になったら、2つ折りのお財布は卒業して、長財布を持つようにするのが、大人のたしなみと言えるでしょう。特に男性にはお勧めです。

スーツの内ポケットから長財布を出す仕草に、グッとくる女性は大変多いです。
モテたかったら断然長財布です。
せっかくですから上質な物を持って下さいね。
折らなくて済む長財布は、傷みにくいというメリットがあります。ですからワンランク上のお品を持っても、長く使う事が出来ます。上質な物でも損はしません。

金運を良くする目的で、「いかにも!」という感じの黄色やゴールドを選ぶ方がいますが、あまり感心しませんね。せっかくの大人のアイテムです。

ここは落ち着いて、黒やブラウンといった堅実な色にして下さい。
長く付き合う事になる長財布。結局はそういった色が、飽きを感じないで、使い続ける事ができます。

色でも加工の仕方やデザインで雰囲気が随分と異なってくるものです。それだけに、悩ましいところでもあり、楽しい所でもあります。
また定番を避け、自分らしさを前面に出したい、個性を大事にしたい、という方には「グリーン系統」の長財布もオススメです。モスグリーンなど深い色ならフォーマル・ビジネスシーンでも使えます。
出典:こだわりの本革長財布セレクト/メンズ長財布を抜粋!上質なレザーで品格ある紳士に!

長財布のこだわり

長財布を使い始めたきっかけは、本当ちょっとした事でした。
見た目が大人っぽくて、それでいて容量もあるからでした。とは言っても大部分は見た目なのですが、持ち始めたのは高校生からでみんな大人っぽい持ち物に憧れを持っていました。

何個か使ってきましたが、今では自分の中でのこだわりができました。
それはジッパー式であること、そして革製であることです。
ジッパー式だと型崩れしにくく、気に入った財布を長持ちさせれるからです。
素材を革とこだわるのは、何においても革製以外だと使用上の傷は傷にしかならず見た目の劣化が出てきます。

しかし革製だと傷も風合いとなり、また使用していくと革の色が変化していくのも楽しみのひとつです。
最近では、家計の財布を作ったりもあり別の長財布も持つようになりました。
別な利点として、家計簿をつけるためのレシートやポイント券などの収納もいいところを見つけますます長財布の活躍が増えていきそうです。

長財布のポケット数に注目!

お財布は幼い子供以外、誰でも持っている必需品です。
二つ折り財布、長財布、小銭など沢山の種類がありますが私が愛用しているのは長財布です。
なぜ長財布か?一言で言ってしまえば便利だからです。二つ折り財布を使っていた時もありますが。
カードやレシートなどでぱんぱんになり結局ボタンが閉まらない状態になるのがおちでした。

その点長財布は多少入れすぎても問題なく使えます。しかし同じ長財布でもこだわっている所があります。
それはお札を入れる仕切りの数です。このお札をいれる仕切りが二つだったりすると大変な事になります。ざっくりお札とレシートしか分けていれられないからです。

普段私はお札、レシート、カード払い用レシート、何でもスペース(預金をおろした高額を入れる、支払い書を入れる)に分けています。
すべて同じ個所で仕切られて収納できるお財布はすくないですがカード入れの裏などに同じスペースがあったりと探すと結構みつけられます。
海外のお財布は機能性という面では日本製の方が優れているように思います。
日本製のお財布はカード収納数、お札ポケット数など満足できるものが多いですね。
機会があったら是非チェックしてみてください。

私の好んで使う革財布のタイプとは

私が革財布を選ぶポイントはまず長財布であるということ。
そしてビジネスシーンでもイベントでも普段でも使える物がいいのです。
革の長財布であればTPOを選びません。持っていて恥ずかしくもないですので重宝します。

あと色は茶色系なら薄めの色よりこげ茶色に近い濃い目の色をセレクトします。
皮製品は長く使用した方が味が出るし手にも馴染むので好きですが、あまり薄めの色だと汚れが目立つので濃い目の色の方が長く使うことが出来ます。

また雨の日には取り扱いに注意と言えます。
下手に濡れてしまうと皮製品は厄介なので出来るだけ濡れないように、大雨の日はビニール袋に入れたり、ハンドタオルで包んだりしてから鞄に入れたりします。

革財布の中身のバランスをとる方法は?

普段良く使う革財布にはお金はもちろんの事、クレジットカードやキャッシュカードやポイントカード、クーポン券など入れるものがいくつかありますが、悩みの一つに、色々入れておくと財布がふくれあがってしまうことだと思います。

私も節約の為にポイントカードやクーポン券など常備持ち歩いていますが、一番困るのは財布の中身が分かりづらくなり、必要な時にすぐ出せないことであります。
なので、なるべくスリムにしたいと思いつつも、その中身の取捨選択が難しいと感じています。
もちろん一番財布がふくれあがる要因は小銭なので、これは溜まってきたときに、端数時の会計時になるべくお釣りをもらわないように減らしていく方法で済みますが、ポイントカード、クーポン券はどの程度財布に入れておくのかが悩みどころです。

ポインカードは、たまにしか使わないものは革財布に入れずに、家に待機させ、使う日のみに革財布に移動する手段をとりますが、忘れることが多く、いざ会計の時に「しまった」と思うこともしばしばです。
その解決策として、出かける時は必ず財布の中をチェッし、今日の買い物は何かを考える時間を少し取ることで若干の改善はできています。

ですが万能ではないので、他にも革財布の中身をふくらませず、バランスを整えるいい方法は何かないかと考えていますが、これだという解決策を見つけることは一生無いのではないかとも思っています。

スマートな革財布を入手したいです。

これまでに一番気に入っていた革財布ですが、新札用に作られたとてもスマートなものでした。
色はブラックでしたが、つやもほどよくあり、スラックスのポケットにもスッポリと入るサイズでとても使い勝手が良かったです。
この財布ですが、ゲームセンターかどこかで無くしてしまいとても残念に思ったことを覚えています。

3年ほど前に、使用していた財布にキズがつきすぎて見栄えなどが悪くなったため、革財布を新調したいと考えていたときです。
ちょうどお正月の頃で、イオンなどでも新春の財布をセールで売っていました。

クレジットカードや銀行のキャッシュカードなど、カード関係をたくさん持っている為、二つ折りでなるべくカードポケットの多いものにしてもらいましたが、それでもまだカードポケットが足りず、よく使用するカードのみ財布に入れています。
カードがたくさん入るスマートな本革製の財布がぜひとも欲しいと思っているところです。

財布の使い方には性格が出るらしい。

みんな必ず一つは持っているであろうお財布。私はそう思っていました。父親にプレゼントするあにの日までは。

私の父親は、その当時お財布を使っておらず、直にスーツのズボンポケットにお金を入れるような人でした。一万円札も、小銭もです。

それを知った私と姉、当時20歳頃ですが、父の日にお財布をプレゼントする事にしました。
私と姉は二人でお財布を買いに行き、買う事ができる範囲では精一杯の黒い革のお財布をプレゼントしました。

しばらくは父も使っていました。が1週間たつと、また元の直に入れるパターンに戻ってしまいました。
母親に聞くと、何回財布をプレゼントしてもそうなるそうなんです。
要するに、財布にしまうのが面倒らしいのです。私は自分の父親ながら、唖然としました。

そしてそれから20年たった今、うちの父はスーパーでなまもの等を入れるビニール袋にお金を入れ、スーパーの白い袋に温泉道具を入れ、嬉しそうに温泉に通っています。
…幸せそうで何よりですが、性格は簡単に変わらないのね。笑

風水財布を探すおばさま

私は、あるショップで販売員をしています。商品の一つとして、おサイフも扱っています。
お客様は、主に女性の方が多くいらっしゃいます。

そしてお財布あるあるといえば、意外に多い、縁起を気にするおばさまたちです。たまには、びっくりすりほど、本格的な事を言う方もいます。

例えばお財布の色に始まり、中の色は何がいい、皮はこれ、お札を曲げないで入る長財布が基本。みたいな事です。

そうおっしゃる方には、このお財布に変えたらお金が入るようになった、と他のお客様がよく言うんですよ。みたいなことを言うと買います。面白いくらいに。

やはり女性は少なからず風水みたいなのを信じている方が多いんですね。何かそれも可愛らしいと思います。

反対に男性はシンプルさ、使いやすさが重視でしょうか。

ちなみにお財布は、年1位で変えた方がいいらしいのですが、実際そのペースではなかなか変えませんね。

すごい方は破れるまで使ってます。
という私はデザイン重視、インスピレーションでサッと選びます。好きなものに巡り会えれば。

キラキラおしゃれ長財布

姪っ子が大学生になったので、「お祝いはなにがいい?」と聞くと「財布が欲しい」と言ってきました。
女の子らしい長財布が欲しいのだそうです。
今どきの女子大生はどんな物が好みなんだろう?ブランドでも色でも指定してくれたほうが楽なのだけれど、遠慮しているのか、言いだしにくいのか「お任せします」の一点張り。

高いブランド物は、買ってやれないし、親も困るだろう。かといってあまり安っぽい物ではお友達の前で使いにくいと思い、普段行かないようなお店を覗いたり、ネットで検索してみたり、値段とデザイン、使いやすさと、財布を手に取り、開け閉めする毎日。

ようやくこれなら、と思った財布は、女の子らしいベビーピンクのエナメル素材、ハートが一面に型押しされていて、ファッション雑誌にも度々登場するおしゃれブランド、お祝いにも手ごろな値段で決定となりました。
姪っ子も喜んでくれてホッと一安心、こんな大人っぽい財布を持つようになったんだなあ、と小さかった頃を思い出した出来事でした。

別々の財布

財布は2つ持っています。長財布と、がま口財布。
長財布には、お札とカード類、ポインド用のあれこれを入れています。
結構かさ張るカード類を小分けにして収納出来て、なるべく財布が厚くならないように、財布本体が硬過ぎない感じで取り出し易く、そんな財布を探して、拘って購入しましたのでとても気に入っています。

ですが、もう数年使用中。丁寧に使っていても角に傷みが出てくるのは仕方がないことで、まだ次をとは考えていないのですが、直ぐには見つからないお気に入りの財布なので、機会があるごとに目星を付けるべく見ています。

もう一つは、がま口財布。小銭用に使っています。
小振りで厚みの少ない細身な感じです。小銭を並べて入れるのに丁度良い大きさで、硬貨の種類・サイズごとに順に入れています。
入れる順序は決めているので、取り出すときに一目で判り、レジで手間取ることはありません。
後続の方を気にして小銭を探すのはストレスだったので、これも気に入っています。